QUALITY STANDARD SKIN

フラッシュが光るとき

メラニンをたたく

美白の方法。そのひとつは、白さを妨げているものを除外すること。白以外の色を、お肌から除去することです。理屈に沿って説明するなら、そういう感じになります。とはいえ、言うはやすし、行うは難し。白以外の色を取り除くと言ったって、美白ではないということは細胞そのものに色がついてしまっているわけですから、絵の具を拭き取るようにはいきません。まったく別の考え方が必要で、それに基づいた方法でなければならないのです。そういうわけで、美容業界では研究に研究をかさね、ついにフォトシルクという方法を編み出しました。この方法を使えば、お肌に白以外の色を与えている物質、「絵の具」の役割を担っているメラニンという物質を、消すことが出来るのです。

シミが消える

メラニン色素によってお肌の上に現れ、「美白になりたい」という乙女心を踏みにじってしまうシミを、フォトシルクは解消してくれます。フォトシルクの「フォト」は、「Photo」つまり「写真」のこと。シルクとは「Silk=絹」のことですから、何らかの写真っぽい方法で絹のようなお肌をつくり上げるものであると言うことが出来るでしょう。その「写真っぽい方法」というのがまさにフォトシルクのミソで、ここで使われるのはカメラにそなわっているフラッシュのような光なのです。カメラのフラッシュとは性質が異なりますが、同じようにパッパッと瞬間的に照射することによってお肌に届き、メラニン色素だけを選んで消し去るというのが、フォトシルクです。美白を妨げるあらゆるシミを、これで除くことが出来ます。

美白の基本は日焼けしない事にあります。

女性の憧れがくすみのない、白い肌というものでしょう。でも、美白というものはそう簡単に手に入りません。毎日の積み重ねが必要になってくるのではないでしょうか。その方法は様々です。そこで透き通った白い肌を手に入れるためのテクニックがあります。一番の基本は日焼け止めをこまめにします。日に焼けるとどうしても、肌が黒くなってしまいます。ここはやはり、日に焼けないように努力する必要があります。でも、日焼けをしないように努力しても気が付いたら日に焼けている場合があります。なので、いくら日光が弱い日でも外に出る時は日焼け止めを塗っておくべきです。美白になりたいのなら努力を怠ってはいけません。方法は日焼けをなるたけしないことにあるのでしょう。

日焼け止めをする必要があるのでしょう。

美白になりたいのなら肌にダメージを与えない方法が必要になってきます。ここで、日焼けをしないように工夫をこらすことのメリットですが。結局、シミ、ソバカスが増えないようにすることです。というか、美白の大敵はこれら、シミ、ソバカスだからです。しかも、シミは放置しておくと段々、大きくなっていきます。確かに出来てしまったシミ、ソバカスを消す方法もあります。が、結局は出来ないように予防することが重要になってきます。出来なかったらシミ、ソバカスを消す方法も実行しなくてもいいからです。それに一度、出来てしまったシミ、ソバカスは薄くなることはあっても完全に消すことは困難です。日焼けをしないよう努力することはシミ、ソバカスを作らずにすむところにあります。